人は生きるために食べる
研修主催者:神奈川大学
URL(詳細はURLをクリック)
人は生きるために食べる
※研修主催者の外部サイトにリンクします。
研修詳細
<内容>
「食=命」の食料が、私たちが誕生する以前から存在していたことで、人々は生存しています。FAO は、食料安全保障について「全ての人々が何時でも、活動的で、健康な生活のために食事上必要で食物嗜好を満たすのに十分な、そして安全で栄養的な食物への物理的、社会的、経済的なアクセスがある場合に達する」としています。アクセスとは、食物の獲得のことであり、地域又は国内で生産されていなければ、食料の安全保障は成立しないということです。16 年のわが国の食料自給率は38%、主食の穀物自給率は28%です。わが国は本当に21 世紀を生き抜けるでしょうか。わが国の未来を見据えて、本講座にて持続可能な社会のしくみを提案します。

【講師】
島﨑 治道
元法政大学大学院「食と農」研究所副所長、付加価値農業経営研究所所長
1939 年静岡県生まれ。法政大学社会学部卒業。62 年卒論のなかで、「付加価値農業」、「地産地消」、「産直」、「農産物直売所」、「むらづくり」などを造語。卒業後は観光農業、農産物直売所などを運営。91 年から01 年まで農水省事業埼玉県「21 世紀むらづくり塾」アドバイザーとして100 施設以上の産直施設の設立を指導。法政大学社会学部兼任講師(「農業・食料論」担当02 年から10 年)法政大学大学院「食と農」研究所・副所長特任研究員(09 年から13 年)
著書に『食料自給率100%を目ざさない国に未来はない』(集英社新書)、『地産地消の生き方』(ベスト新書)他。「文化主義社会」の提唱者。

受講料:15,500円
開催日時
2020年01月10日(金曜日) ~ 2020年03月13日(金曜日) 全1コース 各全10日間
研修開催日程・時間等
2020年1月10日(金)13:00~14:30
2020年1月17日(金)13:00~14:30
2020年1月24日(金)13:00~14:30
2020年1月31日(金)13:00~14:30
2020年2月  7日(金)13:00~14:30
2020年2月14日(金)13:00~14:30
2020年2月21日(金)13:00~14:30
2020年2月28日(金)13:00~14:30
2020年3月  6日(金)13:00~14:30
2020年3月13日(金)13:00~14:30
研修会場

神奈川大学みなとみらいエクステンションセンター<KUポートスクエア>

横浜市西区みなとみらい2-3-1
クイーンズタワーA 14階
【最寄り駅】
■みなとみらい線(東急東横線直通) みなとみらい駅より徒歩約2分
■JR根岸線・横浜市営地下鉄桜木町駅より徒歩約7分
申込締切
2019年12月25日(水曜日) 必着 (先着順)
申込締切詳細
定員 50名
2019年12月25日(水) 
※先着順に受け付け、定員に達し次第締め切ります。
※申込期間後も定員に余裕がある場合は、受け付けますのでお問い合わせください。
チラシと開催要綱(PDF)
申込み問合せ先 (研修主催者)

神奈川大学みなとみらいエクステンションセンター<KUポートスクエア>

横浜市西区みなとみらい2-3-1
クイーンズタワーA 14階

TEL:045-682-5553(KUポートスクエア)
        045-481-5661(大学代表)

開館時間:10時~21時(土・日曜日は10時~18時)
休館日:月曜・祝日・大学所定の休日
募集状況
申込受付終了